集客効果の高い広告の特徴

つくる上でなにが大切なのか

ほとんどの広告はスルーされる

効果のある広告とはどのような広告のことでしょうか。 デザインがきれいであったり、おしゃれであったり、キャッチフレーズがかっこよかったりする広告でしょうか。 それらはいい広告かもしれませんが、レスポンスが少なかったら効果のある広告ではありません。 もっと読む

集客力のある広告とは

たとえば週末の新聞の折り込みチラシ、何人の人が本当にほしい情報をみつけることができるでしょうか。
通勤途中の電車の中の中吊り広告、何人の人がおぼえているでしょうか。
朝刊の新聞広告1ページ(全15段)でどのような広告があったかおぼえているでしょうか。
スマホをみていてバナー広告にクリックしたでしょうか?
多分、ほとんどの人は記憶に残っていないのではないでしょうか。

大きな企業は大金をかけて広告するわけですが、実際のところ効果が出ているかどうかの判断は難しいものです。
また、広告賞などはあくまで見た目や表現について与えられるものであり、広告の効果についてではありません。
きれいにデザインされていることはもちろん良いことだと思いますが、実際のところ集客効果を高めることと比例してはいません。
そもそも大きい媒体での広告は、ブランドや企業価値を訴求したものであり、直接的な集客効果などを目的としていない可能性もあるのです。

人が広告をみるときのポイントとしては、やはり自分の興味や問題意識に少しでもリンクしていることです。
それ以外はほとんどがスルーまたは気付かないのではないでしょうか。
どの媒体(インターネットやテレビ、新聞など)の広告は情報量としては膨大です。
圧倒的な数の中から、ターゲットに到達することは容易なことではありません。
広告をつくる側は、トライアンドエラーを繰り返しているのです。
効果を残している広告には、それを達成するためにいくつかの特徴を持っています。

媒体の選びとは

広告とはすなわちスペースです。 新聞広告や駅貼り広告であればそのスペースに入るような平面の広告(専用のサイズ)が必要です。 また、テレビであればその時間枠の中に入る映像(例えば15秒)をつくる必要あります。 媒体とは大きさや長さに応じて値段が決められているものです。 もっと読む

デザインの必要性

みにくいデザインや読みにくいレイアウトの広告がありますよね。 人も第一印象が重要ですが、デザインもまたしかりです。 ターゲットを検討し、そのターゲットに合った媒体とエリア選びをしたのに、デザインがおろそかになっては非常にもったいないです。 見た目はやはり重要かもしれません。 もっと読む