集客効果の高い広告の特徴

ほとんどの広告はスルーされる

レスポンスを得るために

集客できる広告の特徴は、どのようなものでしょうか。
目的としては商品やサービスなどに興味をもってもらうことですが、まず見込み客(顧客となる可能性のある客)にその広告が有効なメッセージとして届かなければなりません。
いきなり顧客になってくれるということはまずありません。
当然のことではありますが、広告とは企業からターゲットへ直接メッセージを届けることができる媒体なのです。

しかし、その商品やサービスを必要と感じていないターゲットにメッセージを送っているとしたら、またその商品やサービスの魅力を広告でうまく伝えることができていないとしたら、どうでしょうか。
効果のある広告をつくることは、いくつかのポイントをおさえることが重要です。

ターゲットの設定

広告においては基本的なことのひとつは、広告したい商品やサービスを誰に向けられているのかということです。
そこを見誤れば、まったく見当違いな広告になってしまう可能性もあるのです。
経営者向けの広告なのに、そのことがはっきりと書かれていなかったり。
また、法人のお客様を想定(BtoB)しているのに、個人のお客様(BtoC)にも訴求しているようにみえれば、中途半端な広告になりかねません。

また、ターゲットの年齢層や性別もなども重要です。
商品やサービスの説明ばかりに終始してしまい、肝心な誰に使ってもらいたいのかがあいまいになると、せっかくの情報がターゲットに到達しない可能性もあるのです。
集客力など効果のある広告は、ターゲットの設定が明確になされています。


この記事をシェアする