集客効果の高い広告の特徴

デザインの必要性

訴求したいことがしっかり言えているか

読みやすいチラシや広告というものはあります。
それはデザイナーがレイアウトの基本をしっかりと守っているからです。
この紙面にはこの文字の大きさが最適、また写真はこのような置き方がよくみえる、などのようにデザインにはセオリーがあるのです。

最近では誰でもワープロソフトやプレゼンソフトを使って簡単な文書から広告などまでつくってしまう時代です。
しかし、デザイナーでない人がつくったものは、読みにくく単に材料を置いただけというものも多いのです。

例えばチラシなど限られた紙面においては、情報量には取捨選択が必要です。
全部を紙面上で言うことは難しいので、情報の絞り込みやメリハリなどをつけなければなりません。
レイアウトと訴求内容が一体となったデザインはやはりターゲットへ届きやすくなるのです。

きれいなだけでもNG

レイアウトがきれいでも、おしゃれであっても、効果がでない場合はもちろんあります。
やはりターゲットの設定や媒体の選定、内容が一体となっていなければ効果は生まれにくいかもしれません。

訴求した商品やサービスのターゲットの設定に間違いはないのか。
ターゲットに向けたキャッチフレーズや文章表現になっているか。
商品やサービスの写真はきれいにみえているか、またそれがきちんとレイアウトやデザインがなされているか。
それらを全部を検証するのは、とても難しい作業でもあります。

集客効果のある広告をつくるには、トライアンドエラーも時には大切です。
広告の内容や表現、媒体やエリアを適宜変えながらテストするということも集客効果を高めるのに必要です。


この記事をシェアする