集客効果の高い広告の特徴

媒体の選びとは

さまざま媒体がある中で

ターゲットの設定が重要なことは言うまでもありませんが、もうひとつ大事なことは媒体選びです。
設定したターゲットがみるような媒体を選ぶことになりますが、その選択を間違えば効果も期待できないと言えるでしょう。
広告にはさまざまな媒体や方法があります。

例えば、シニア向けの商品やサービスを広告する場合に媒体に選ぶとしたらどのようなものが考えられるのでしょうか。
インターネットの広告が旬だからと言って、それらに広告したとしてもレスポンスは少ないかもしれません。
新聞をとっているシニア世代ほど多いものです。
ここでは雑誌広告や新聞の折り込み広告を選ぶことで、よりターゲットに到達するのではないかという判断もできるわけです。

エリア選びも大切

広告においては、より広範囲に届けようすればするほど値段は高くなります。
新聞の折り込み広告もエリアが広ければ広いほど部数も増えるわけで料金は上がります。
また、新聞広告など部数の多い媒体に広告を掲載しようとすれば価格も高くなるわけです。(エリアを選ぶこともできます)

例えば、中小企業が飲食店などに向けた商品やサービスを広告したい場合には、媒体の費用やレスポンスの後と対応も考えれば、近隣のエリアにまず広告するというのが最も現実的なはずです。
ローカルなサービスにおいて、広範囲には広告するのは無駄です。
また、飲食店向けなので新聞の折り込みよりも、ダイレクトに届けられるポスティングなどを選ぶということもあると思います。
集客のような効果を求める場合には、媒体とエリアの選定も重要です。


この記事をシェアする